火傷の跡を残さないためには

火傷は熱や火が身体や皮膚に当たることで発生する、皮膚やその下の粘膜の炎症・損傷をいいます。


皮膚の目立つ場所ではなくても、なるべく跡は残したくないものです。


しかし火傷をしたときの対処法を間違えてしまうと、跡が一生残って仕舞う事態になりますので正しい治療方法を覚えて置いて下さい。

まず第一に、冷やすことです。

服の上から熱湯などを被ってしまった場合、無理に服を脱ごうとせずに、その上から冷水を掛けて冷やします。
無理に服を脱ごうとすると、損傷を受けた皮膚も一緒に剥がれてしまう可能性があります。



冷水をしばらく掛け続け、服と皮膚がくっついていないことを確認してから脱いで下さい。もしも脱げないほど皮膚が服とくっついている場合は、火傷の程度が酷いので病院での治療が必要です。



水ぶくれがある場合は、勢いよく水を当てないようにします。


水ぶくれを破かないように少しずつ水を流すか、または洗面器などに氷水を作り浸けておくことも有効です。痛みが引いてきたら水ぶくれのある患部はそのままにせずに、ガーゼや皮膚保護剤などで覆っておきます。

清潔にしておくことで皮膚の再生力が上がり、新しい皮膚が早く張って跡にならずに治ります。

さらにビタミンCを多く摂ることで生成を促し、皮膚の弾力性が出たり火傷跡の色素沈着するのを和らげてくれます。また紫外線は薄くなった皮膚に炎症を起こさせる跡を濃く残す原因となるので、上着や腕カバーなどを着けるようにしましょう。